陰部に色素沈着が生じる原因とは

 陰部の色素沈着はデリケートな部位だけに相談しづらいですよね。おまけに根拠のない都市伝説がついてまわるせいで、ますます憂鬱になってしまいます。 デリケートゾーンが黒ずむのは、陰部は生理的色素沈着部位といい、体のほかの部位よりもメラニン細胞の働きが活発なこと、そして皮膚ではなく粘膜に覆われている部分であり、刺激には非常に敏感なことがあげられます。 黄色人種である日本人はもともと皮膚にメラニンが多いため、年齢と共にデリケートゾーンには多かれ少なかれ色素沈着が生じます。加えて、たとえばボディソープが合わなかったり、下着でしめつけられたり、またはストレスや新陳代謝の低下など、内的、外的な刺激で粘膜がダメージを受けると、それも原因になります。 毎月の生理も関係しています。実は排卵から生理までの間に働く黄体ホルモンには、メラニンを刺激し色素沈着をうながす作用があるといわれています。妊娠するとデリケートゾーンや乳首の色素が濃くなることがありますが、これは黄体ホルモンによるものです。 色素沈着はどうにもならないものだと言ってしまうと少し悲しいのですが、女性の美しさを支える女性ホルモンがきちんと働いている証拠でもあるのです。神経質になったり、憂鬱にならずに、おおらかな気持ちでケアしましょう。



脇に色素沈着が起こる原因

脇を処理している際に、黒ずみに気が付く場合もあります。このように色素沈着が起こっている場合には、必ず原因もありますので、まずはその原因を取り除く努力をしてみるとよいでしょう。まず脇は、刺激を与えることで黒ずんでしまう場合があります。特にカミソリなどで毛を処理している場合、肌に余計な負担を与えていますので、その摩擦により肌の色が変化してしまいます。カミソリを使った場合、肌に刺激を与えるだけではなく炎症を引き起こしてしまいますし、そこに常に刺激が与えられる状態になるため、皮膚も黒ずんでしまいます。今現在カミソリで毛を処理されている方は、肌のことを考え、できるだけ他の方法で毛の処理を行う必要があるのです。脇がすでに黒ずんでいる方の場合、レーザーなどで脱毛しようとしてもうまくいきません。この場合には、ニードル式の脱毛方法など、肌の黒ずみに左右されることなく受けられる脱毛方法を選択してみるとよいでしょう。



色素沈着の原因は脱毛にあり

 脇の下の色素沈着に悩んでいる方は多いですね。特に薄着の季節になると、脇の下が気になっておしゃれを楽しめないという方もいるのではないでしょうか。 色素沈着とは、皮膚にメラニン色素が大量に増え、新陳代謝が追いつかなくなっている状態です。ではそもそもメラニン色素が増えてしまう原因は何かというと、主に二つがあげられます。まず一つは紫外線を大量に浴びること、そしてもう一つは皮膚が傷つくことです。 皮膚表面の組織が傷つくと、その奥の真皮に紫外線が入り込みやすくなり、細胞が損傷しやすくなります。それを防ぐために、傷の周りにメラニン色素が増えるのです。子供のころ膝のすり傷が茶色い傷跡になったのを覚えていませんか。 そして脇の下の色素沈着は、脱毛などで皮膚が傷ついたことが要因になっている場合がほとんどです。ムダ毛処理にカミソリやシェーバーを使用すると、ジェルなどで負担を減らしても目に見えない微小な傷が皮膚には無数についてしまいます。それが頻繁に繰り返されるうちに肌組織の損傷が蓄積し、それにともなってメラニンが増加することになります。ワックスやテープも、毛穴に強い力を加えたり、ムダ毛と一緒に角質を剥ぎ取ったりするため、やはり皮膚が損傷します。これは脇の下だけでなく全身でも言えることです。 紫外線をあまり浴びない部分なのに色素沈着が起こっている場合は、皮膚に負担を与えていないか、脱毛を見直してみましょう。どうも自分の脱毛方法に問題があるな…と感じたら全身脱毛おすすめランキング.comで自分に合いそうなサロンを探してみてください。



脱毛による色素沈着の原因と対策

 紫外線や外部刺激による角質の損傷で肌にダメージが蓄積されると、肌は防御反応としてメラニン色素を増加させます。これが色素沈着の原因です。 カミソリや毛抜きでの自己処理は肌を傷めやすく、続けているうちにその部分が黒ずんでしまいます。サロンやクリニックの脱毛も油断は禁物です。フラッシュやレーザーは直接肌を傷めるわけではありませんが、熱で毛穴周囲の組織が微小な損傷を負うため、アフターケアが悪いとやはり色素沈着につながるので注意が必要です。 対策としては、まずカミソリなどの自己処理をしている方はすぐにやめてください。サロンで処理している方は、施術後は肌は紫外線にとても敏感になっているため、日焼け止めを塗ったり衣服で肌を覆い、保護します。肌をこすったり引っかいたりすると、傷つくだけでなく雑菌が入ってしまうもとなので注意しましょう。衣服もゆったりしたものを選び、肌に刺激を与えないようにします。 できてしまった色素沈着は、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーをうながすことで改善されます。ビタミンEやC、B群、タンパク質などを摂りましょう。また肌をきちんと保湿することも、ターンオーバーを高めます。



ホルモンが原因での色素沈着

妊娠や出産を経験すると、乳首など体の部位に色素沈着が起こる場合があります。色素沈着が起こってしまうと、女性としては大変気になるようになるのですが、多くの場合ホルモンバランスが正常に戻ることによって、元の色に戻りますのでそれほど心配はいらないのです。ただし、人によってはホルモンのバランスが日常的に乱れている方もおり、この場合には、出産してから時間がたっても、色がなかなか戻りにくくなってしまうのです。これは出産や妊娠時だけではなく、ストレス過多で体の状態が乱れやすい方も起こり得ることになりますので、生活に注意するようにしましょう。色素沈着の原因は主にストレスになります。特に女性の多くは、男性と同じように社会に出て働いているのですが、社会に出ているとストレスを感じることも多々あります。この時、ストレスを早期に解消できるように、運動を行ったり規則正しい習慣を身に着けると、色素沈着に悩まされることもなくなります。



黒ずみなどの色素沈着の原因

知らない間にお肌に黒ずみが起こっている場合があるのですが、その原因は必ず存在していますので、状態を改善させるためにもまずはその理由を突き止めてみるとよいです。まず色素沈着は、刺激を与えることによっておこりやすくなります。体を洗ったり洗顔したとき、汚れをしっかりと洗おうと、肌を強い力でこすってしまいがちですが、お肌に余計な力をかけるとダメージが蓄積されてしまい、肌が黒ずんでしまうのです。さらに、色素沈着は肌の血行不良などによっても起こりやすくなります。例えば、肘付きなどで一部分を圧迫した状態で過ごすと、その部分に血が回らなくなりますので、色素沈着がしやすくなるのです。色素沈着の問題を解決させるためには、まずお肌に負担をかけないことが一番重要になってきます。強い力で洗顔をしている方は、優しくなぞるように洗顔したり、体の一部分を圧迫するような癖はできるだけ改善する必要があるのです。この点に気を付けることで、色素沈着も改善できるでしょう。



最新情報はこちら!

セルフ脱毛は危険?

色素沈着の原因